アジア・国内のLCCの就航路線では、マイル旅行は避けよう!

貯めたANAやJALのマイルを使う場合、
日本国内やアジアでLCCが就航している路線で、
マイルを特典航空券に交換することはやめましょう。

なぜなら、マイルの価値を下げることになるからです。

なぜ、LCC就航路線で、マイルを使ってはいけないか、解説します。


マイルは、高い価値で使うことが基本。

高い価値

貯めたマイルを特典航空券で利用する場合は、
できるだけ高い価値で使いましょう。

基本的には、
長距離路線で、なるべく高いグレードで使うことが、
マイルを最大限に活用するポイントです。

なぜ長距離路線、高いグレードなのでしょうか?

それは、長距離路線ではLCCなど安い航空券があまりないからです。

また、ビジネスクラスやファーストクラスなどのグレードの高い席は、
割引チケットが出回らず、その分、そこでマイルの価値が高くなるのです。

日本国内やアジアは、LCCが就航している。

LCC

短距離の国内やアジア圏内は、
LCC(格安航空会社)の比較的安い航空券がたくさんあります。

最近では、日本国内やアジアの近隣は、
まるで国内旅行をするような感覚で、手軽に旅行をできるようになりました。

これは、LCCの路線が充実しているからで、
安い航空券代で、お得に旅行に行けるからです。

距離的にも近いので、飛行機の搭乗時間も数時間程度と、すぐに目的地に着きます。

 


LCC就航路線では、LCCのチケットを購入しよう。

航空券

つまり、日本国内やアジアでは、LCCが充実していることにより、
通常でも安い費用で飛行機にのることができる状態なので、
LCCのチケットをお金を出して購入するのがおススメです。

日本国内やアジアでマイルを使って特典航空券と交換すると、
マイルの価値を下げてしまうことになってしまいます。

例えば、成田―上海の往復は
ANAのローシーズンの場合17,000マイルです。

国内線とほとんど変わらないマイル数で海外に行けるので、
お得のように感じてしまいますが、
成田―上海の往復は2万円台から販売されています。

この路線で使った場合、1マイルが1円台前半になってしまいます。

対して、成田―ロンドンでは往復は
ANAのローシーズンで45,000マイルです。

この路線の格安航空券でも11万円程度からなので、
1マイルは2.5円程度の価値で使うことができます。

まとめ

LCCが就航している日本国内やアジアでは、
LCCのチケットを普通に購入するのがいいでしょう。

LCCの就航がない、遠距離路線や、
ビジネスクラスやファーストクラスなどのグレードが高いチケットで、
マイルを使って特典航空券を利用するのがおススメです。