他社の特典航空券を予約できる!航空アライアンスの利用。

マイルを貯めると、無料の特典航空券と交換できます。

その際、航空会社の所属する航空アライアンスを使えば、
同じアライアンス内の他社の特典航空券と交換できます。

これを利用すれば、外資系航空会社の航空券と交換して、
燃油サーチャージを無料にしたりと応用ができます。

ANAとユナイテッドはスターアライアンス

スターアライアンス

まずは、日本で貯める4つの主要なマイルが所属する、
航空アライアンスについて確認していきましょう。

ANAとユナイテッドは、スターアライアンスに所属しています。

スターアライアンスは、現在28社が加盟しています。

特にアジア系が7社と多く加盟しているのが特徴で、
アジア圏にとても強いイメージがあります。

スターアライアンスの加盟航空会社の一覧は、こちらから確認できます。

JALはワンワールド

ワンワールド

JALは、ワンワールドに所属しています。

ワンワールドは、現在15社が加盟しています。

世界中をカバーして、バランスの良い構成です。

有名な所としては、
アメリカン航空やキャセイパシフィック航空が所属しています。

ワンワールドの加盟航空会社の一覧は、こちらから確認できます。






デルタはスカイチーム

スカイチーム

デルタは、スカイチームに所属しています。

スカイチームは、現在20社が加盟しています。

日系の航空会社は所属していません。

有名なところでは、
エアーフランス航空などがこのスカイチームに所属しています。

スカイチームの加盟航空会社の一覧は、こちらから確認できます。

航空アライアンスの利用で、燃油サーチャージが無料になる。

燃油サーチャージ

これらの航空アライアンスを知って、
うまく活用することで世界中を特典航空券で旅行することができます。

具体的には、燃油サーチャージを無料にする方法がおススメです。

日系のANAやJALのマイルで特典航空券と交換する場合、
国際線では、基本的に燃油サーチャージが別にかかります。

ですが、
特典航空券で、同じアライアンスに所属する外資系の航空会社の便を選べば、
特典航空券の中に燃料サーチャージの料金も含まれているため
別途で支払う必要はありません。

まとめ

前にも出てきましたが、特に、JALとANAの場合は、
同じアライアンスの外資系の航空会社を利用することで、
燃油サーチャージを無料にすることができるので、
できる限りそれらの航空会社の特典航空券で利用するほうがお得です。