特典航空券は、燃油サーチャージが無料?日系と外資系航空会社の違い。

マイルを貯めると、
航空券代が無料になる特典航空券と交換ができます。

しかし、燃油サーチャージについては、
特典航空券でも無料や有料など、航空会社によって異なります。

ここでも重要なのは、日系と外資系でマイルを分けて捉えることです。

特典航空券で、燃油サーチャージを無料にする方法を解説します。

特典航空券にも、燃油サーチャージは存在する

燃油サーチャージ

燃油サーチャージとは、飛行機の燃油費用のことです。

飛行機の乗車券代金とは別に徴収され、国際線で乗客が支払います。

燃油サーチャージは、特典航空券にも存在します。

マイルと交換した特典航空券であれば、無料で飛行機に乗れそうですが、
別途、燃油サーチャージは支払う必要があることもあります。

しかし、特典航空券における燃油サーチャージの有無は、
日系と外資系の航空会社で取り扱いが大きく異なりのです。

ANAやJALは、燃油サーチャージが有料。

ana-jal

日系のJALとANAは、特典航空券の燃油サーチャージは有料です。

例えば、日本から、アメリカを往復した場合、
多少変動しますが3万円程度のサーチャージがかかります。

日系の特典航空券は無料の航空券ですが、
別途、それなりの出費は覚悟することになります。


ユナイテッドやデルタは、燃油サーチャージが無料。

united-delta

外資系のユナイテッドとデルタは、特典航空券の燃油サーチャージは無料です。

先ほどのアメリカの例を見てもらえればわかると思いますが、
やはり万単位の出費の違いがありますので、この差はかなり大きいです。

しかも、ユナイテッドやデルタのマイルを利用して、
提携先の特典航空券を利用した場合も、燃油サーチャージはかかりません。

特に、ユナイテッドはスターアライアンスなので、
ANAの特典航空券を利用することができ、
その場合もサーチャージはかからないという大きなメリットがあります。

このメリットを考えると、
ANAを多く利用する人は、ユナイテッドでマイルを貯めるほうがお得に思えます。

 

まとめ

特典航空券の燃油サーチャージという点では、
日系より外資系の航空会社の方が有利なのは確かです。

しかし、JALやANAのマイルを貯める場合も、
サーチャージを無料にする方法があります。

航空アライアンスを利用して、
ユナイテッドのような、外資系の提携先で、
サーチャージが無料の航空会社を利用する方法です。

例えば、ANAのマイルで、
ユナイテッドの国際線を利用した場合は、サーチャージが無料になります。

燃油サーチャージを無料で旅行したい場合は、この方法がおススメです。