イギリスのおすすめ料理3選!マイルで行くイギリス旅行記。

マイルを使って、特典航空券と交換し、
イギリスへ無料のマイル旅行した様子をレポートするシリーズ。

今回は、イギリスへのマイル旅行で味わった、
グルメを厳選して紹介したいと思います。

マイルを貯めて、イギリスへ行かれる際は、
是非参考にしてみてください。

~補足~

ちなみに、今回の東京⇔イギリス(ロンドン)のマイル旅行は、
ANAのマイルを使って行きました。

ANAの特典航空券に必要なマイルは、
2015年10月のレギュラーシーズン(R)で55,000マイルでした。

東京⇔イギリス(ロンドン)の区間は、
同時期に往復、108,000円ほどでANAで購入でます。

つまり、1マイル=約2円で使ったことになります。


フィッシュ・アンド・チップス

フィッシュ&チップス

まず、おすすめなのが、日本でも有名なフィッシュアンドチップスです。
イギリスでは、手軽なファーストフードとして親しまれています。

白身魚のフライと、ジャガイモのフライ(フライドポテト)がセットになったものです。
魚は、タラが主に使われますが、他の白身魚が使われることもあります。

味付けは、酢(モルトビネガー)と塩が伝統的で、
レモンの輪切りやタルタルソースがつくこともあります。

また、付け合わせに、マッシィピーという、緑豆をすり潰したものが提供されます。

熱々のフィッシュアンドチップスのフライに、ビネガーソースや塩をつけ、
好みでレモンを少し絞ると、とても美味しいです。

アフタヌーンティー

イギリスのアフタヌーンティー

イギリスといえば、優雅なアフタヌーンティーもおすすめです。
アフタヌーンティーは、イギリスから生まれたもので、本場です。

紅茶と共に、サンドイッチ、ケーキ、スコーンといった軽食とスイーツを楽しみます。
軽食とスイーツは、画像のような3段重ねのティースタンドに乗せられて提供されます。

本場イギリスのの紅茶は、とても香りが高く楽しめます。
紅茶のティーポットやマグカップ、ティースタンドなどのデザインもきれいです。


イングリッシュブレックファースト

イングリッシュブレックファースト

イギリス料理で一番美味しいものとして、しばしば、
イングリッシュブレックファーストの名前が挙げられます。

イングリッシュブレックファーストとは、
イギリスの伝統的な朝食のことです。

一般的な朝食のイメージとは異なり、
量が多く、栄養が充実していることが最大の特徴です。

イングリッシュブレックファーストの内容は、
目玉焼き、ベーコン、ソーセージ、ベイクドビーンズ、ソテーしたトマトなどです。

非常に充実した内容で、朝食のイメージが変わると思います。

まとめ

イギリス料理は、伝統的を感じさせる料理が多く、
食事と共に、雰囲気や歴史を味わうのも醍醐味といえるでしょう。
日本人の口には合わないとも言われていますが、案外そんなこともありません。
今回ご紹介したお食事はもちろん、特にアフタヌーンティーはぜひ体験してほしいですね。