ドイツのおすすめ料理3選!マイルで行くドイツ旅行記。

マイルを使って、特典航空券と交換し、
ドイツへ無料のマイル旅行した様子をレポートするシリーズ。

今回は、ドイツへのマイル旅行で味わった、
グルメを厳選して紹介したいと思います。

マイルを貯めて、ドイツへ行かれる際は、
是非参考にしてみてください。

~補足~

ちなみに、今回の東京⇔ドイツ(フランクフルト)のマイル旅行は、
ANAのマイルを使って行きました。

ANAの特典航空券に必要なマイルは、
2015年10月のレギュラーシーズン(R)で55,000マイルでした。

東京⇔ドイツ(フランクフルト)の区間は、
同時期に往復、100,000円ほどでANAで購入でます。

つまり、1マイル=約2円で使ったことになります。

ソーセージ

ドイツのソーセージ

ドイツのグルメときいて、真っ先に頭に浮かぶのが、
ソーセージではないでしょうか。

ソーセージは、豚の腸に、
豚肉をミンチにしたものを詰めて焼いたもので、
ドイツの国民食とも言えるものです。

ドイツには、1500種類ものソーセージがあるそうです。

ドイツでは、ソーセージは、
手軽に食べられるファーストフードとして親しまれています。

ドイツの街中には、ソーセージのスタンドがあって、
熱々に焼かれたソーセージが、
いい焼き音と香ばしいにおいを漂わせています。

ドイツの焼きソーセージの定番は、
にんにくとハーブが練りこまれた「テューリンガー」です。

ソーセージスタンドで売っているソーセージは、
大部分がこのテューリンガーであり、広く支持されています。

ビール

ドイツビール

また、ソーセージを食べながら、
ビールを飲むこともおすすめです。

ドイツはビールの歴史が古く、
ビールの種類だけで5000以上もあるそうです。

日本のビールよりも飲みやすく、風味があるのが特徴です。
もしかしたら、日本でビールが苦手な人でも、
ドイツビールなら飲めるという人も結構いるかもしれません。


アイスバイン

アイスバイン

アイスバインは、塩漬けにした豚肉を使った料理です。
ドイツの家庭料理の定番で、広く親しまれています。

アイスバインは、塩漬けの豚肉を、
玉ねぎやセロリなどの香味野菜と一緒に、
長時間煮込んで作ります。

骨付きの豚肉は食べ応えがありますが、
さっぱりとした味付けで食べやすいです。

付け合わせには、ザワークラウトやジャガイモがあり、
マスタードをつけて食べます。

まとめ

 素朴な家庭料理が美味しいのがドイツ料理です。
この他にも、芋や野菜といった料理も定番です。
美味しいビールと、本場のソーセージを温かな雰囲気で楽しめますよ。