時間を有効活用して、マイル旅行を満喫する方法とは?

ANAやJALのマイルを貯めて、
特典航空券で無料のマイル旅行に行きましょう。

その場合、マイル旅行の時間をどうつくるかが問題になります。

忙しい仕事の合間でも、
時間を有効活用して、マイル旅行を楽しむ方法を解説します。

マイル旅行には、長期休暇で海外旅行がふさわしい。

休暇

以前お知らせしたように、マイルを一番高い価値で使うには、
特典航空券に交換するのがおすすめです。

さらにマイルの価値を高めるには、

・国内線よりは国際線で使う
・エコノミーよりは、ビジネスクラスやファーストクラスで使う

ということが有効です。

ですから、なるべくならば、
まとまった休暇に海外に行くことがおすすめです。

有給休暇と大型連休を利用して、マイル旅行に行く。

近年、日本政府は「働き方改革」・「休み方改善」などの、
大型連休を設ける政策を導入し始めましたので
まとまった休暇で海外に行けるチャンスは多くなってきましたよね。

世の中的にも徐々に浸透しつつあります。
社会として「有給休暇の取得」に理解を示し始めてきており、
以前に比べると、休みもとれやすくなってきたのではないでしょうか。

そうした状況の中で、
一番ベストなのは、有給休暇を使い、
好きなときに長期休暇をとって、海外へ行くことです。

しかし。休みが取りやすくなったきたとはいえ、
現実的には仕事の都合や周りの目を気にして、
なかなか難しい人も多いのではないでしょうか。

ですから、年末年始、ゴールデンウイーク、
夏季休暇、シルバーウィークなどの大型連休にこそ、
マイルを使って海外旅行へ行くようにしましょう。

3連休に有給休暇を1~2日つける方法もおすすめです。

3連休は、1年を通じて結構ありますので、
その前後に有給休暇をつけるのです。

そうすれば、4~5連休は比較的簡単につくれます。
この期間を利用して、海外へ行くようにしましょう。

3連休であれば、十分に海外に行くことも可能です。
3連休の前日の夜に飛行機に乗れば、4日間も時間が使えます。

近場の海外であれば、
通常の週末でも海外に行くことは可能です。

例えば、
韓国、台湾、香港、中国、グアム、サイパンなどは、
国内線と変わらずに、2~3時間で日本から行けてしまいます。

まとまった長期休暇で遠くの海外へ行くのもいいですが、
そうでなくても気軽に行ける、ということなのです。

おすすめは、金曜日の夜に出発する方法です。
仕事終わりに、金曜日の夜の便に乗れば、
金曜日、土曜日、日曜日の3日間は最低でも使えます。

3連休や前後に有給休暇をつければ、さらに満喫できます。






国内へ旅行に行くのもあり。

もちろん、海外でなく、国内旅行に行くのもいいと思います。

休暇や週末に、ふらっと沖縄や北海道にでかけるのもいいですね。

ビーチでゆっくりすごしたり、
おいしいお寿司を食べたりと、楽しめます。

国内であれば、通常の週末だけでも十分に楽しめます。