マイルの交換は、ファーストクラスが一番お得?エコノミー、ビジネスとの比較。

前回の記事では、
マイルを国際線の特典航空券と交換すると、
マイルの価値を高く使えるとお伝えしました。

国際線には、サービスのランクによって、安い方から順に、
エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの席があります。
マイルは、3つのどの種類の航空券とも交換可能です。

意外と思われるかもしれませんが、
マイルを一番高い価値で使いたいのなら、
一番豪華な国際線のファーストクラスがオススメです。

なぜ、エコノミークラスやビジネスクラスより、
マイルを高い価値で使うことができるのか。
その理由をみていきましょう。

マイルを、エコノミークラスの特典航空券と交換したときの価値は?

エコノミークラス

例えば、JALで成田ーニューヨーク間の往復を考えてみます。
エコノミークラスで往復した場合は通常、10万円程です。

そして、マイルを使用して特典航空券と交換すると、
50,000マイルが必要になります。

この場合、50,000マイル=10万円となり、
1マイル=2円の価値で使用することになります。

この1マイル=2円というレートも、
ギフト商品や国内線の特典航空券で使用するよりは、良いレートです。
悪くはない使い方と言えると思います。

しかし、マイルは、ビジネスクラス以上の特典航空券で使うと、
飛躍的に価値を高めることができるのです。

マイルを、ビジネスクラスの特典航空券と交換したときの価値は?

ビジネスクラス

例えば、JALのビジネスクラスの場合、
正規の割引料金でも往復約450,000円もします。

そして、ビジネスクラスは、あまり割引されません。
格安チケットが販売されないということです。

しかし、必要マイルは80,000マイルだけなので、
1マイル=5.6円の還元率で使うことができます。

割引された格安チケットが出回らないので、還元率が高くなります。

ANAの場合は、ビジネスクラスの金額設定が少し高いため、
時期にもよりますが還元率は一番高い時で7円弱です。


マイルを、ファーストクラスの特典航空券と交換したときの価値は?

ファーストクラス

ファーストクラスとなると、さらに還元率が高くなります。

成田―ニューヨーク間の往復のファーストクラス代金は、約200万円です。
航空券代に200万円も出すなんて、夢のまた夢です。

それが、マイルだと110,000マイル(JAL)で交換できてしまいます。
還元率は、なんと!1マイル=約18円です。

ANAの場合は、ファーストクラスはJALより少し還元率が低いですが、
それでも約17円とかなりの還元率です。

まとめ

このように、マイルを最大限の還元率で使うには、
ファーストクラスの航空券がオススメです。

正規のファーストクラスの価格はものすごく高いので、
マイルじゃないとなかなか手が出せないと思います。

マイルをたくさん貯めて、
ファーストクラスで優雅な旅行を是非楽しんでみてください。
これもマイルを貯める醍醐味になりますよ!