マイルの重要な特徴3つ、これだけはおさえておこう!

さて、マイルの貯め方と使い方に入る前に、
マイルの特徴や性質に触れていきましょう。

マイルにはいくつかの特徴がありますが、
重要な3つの特徴をおさえましょう。

マイルの性質を知っていれば、
マイルに対する理解もより深いものになります。






マイルは、ポイント制度の一種

マイルはポイント

マイル(マイレージプログラム)とは、
航空会社が発行しているポイントシステムのことです。
マイレージサービスともいわれます。

マイルは「ポイント」の単位です。

コンビニや家電量販店などでお買い物をすると、
ポイントが貯まりますよね。

それと似た仕組みで、
飛行機を利用するとその距離に応じてマイルが貯まります。

マイルは元々、アメリカなどで用いられる距離の単位のことです。

距離に由来する名前なので、
日本でも、飛行機で貯まるポイントは「マイル」と呼ばれています。

マイルを貯めると、
無料で特典航空券航空券や割引航空券に交換できたり、
座席をグレードアップしたりできます。
贅沢で快適に旅行を楽しむことができるのです。

マイルの価値は、使い方次第で変動する。

マイルの価値は変動する

マイルは「ポイント制度の一種」であることがお分り頂けたと思います。

しかしよくあるポイント制度とは大きく違う点があります。
それは、ずばり!1マイルの価値が変動する点です。

よくあるポイント制度は、1ポイント=1円ですが、
マイルは、1マイル=0.5円~20円以上にもなる、
とても価値あるポイントなのです!

マイルは価値の高いポイントなので、
高い価値で使うように心がけることが大切になってきます。

これについては、後で詳しく説明します。






マイルは、飛行機に乗らなくても貯まる

マイルは飛行機に乗らないで貯まる

マイルというと、飛行機に関するポイントなので、
「飛行に乗って貯める」というイメージ強いと思います。

しかし、マイルは飛行機に乗らなくても貯めることができます

例えば。日常の買い物でも貯めることができ、
他のポイントシステムと合算することも可能です。

これも後で詳しく説明しますが、
マイルを多く貯めるには、
むしろ、
飛行機に乗らないで貯める方法が重要になってくるのです。

まとめ

「マイル」は、ポイント制度の一つではありますが、
他のポイント制度とは異なる側面があるので注意が必要です。

それは、1マイルの価値が、
交換する対象によって変動するという点。

そして、飛行機に乗らないでマイルを貯める方法が、
マイルを貯めるうえで大切
なのです。