JGC修行。JALの国際線では、シンガポールへの路線がおすすめ!

JGC取得を国際線で行う場合
どの路線を選択すればよいのでしょうか。

JALのシンガポール路線

おすすめはアジア路線で、
特にシンガポールがコスト効率がいいです。
その他にも、バンコク(タイ)、
クアラルンプール(マレーシア)もおすすめです。
遠距離(FLYONポイントがたくさん付く)のわりに、
航空券の値段が安いのです。

さらに、国際線への国内線乗り継ぎ割引を使いましょう。
これは、国際線を利用する場合、+1万ほどで、
国内の空港~国際線の日本出発空港までの往復ができる制度です。
もちろん、FLYONポイントも普通に貯まります。
なので、ここで沖縄路線を加え、プレミアムポイントを大幅に稼ぎます。
例えば、沖縄―羽田―シンガポールー羽田―沖縄 のルートであれば、
6~8万円で10,000 FLYONポイントを獲得できます。

最初の出発地点が沖縄ですが、
このルートの前後に、例えば、東京―沖縄、沖縄―東京の
往復チケット購入しておけばOKです。
往復チケットは、国内線のJGC修行の鉄則、
ウルトラ先得で購入するようにしましょう。

このようにすると、例えば次のようなルート1回で、
羽田―沖縄―羽田―シンガポールー羽田―沖縄
15,000FLYONポイントを稼ぐことができます。

まとめ

路線を選択では、FLYONポイントがたくさん付く
「シンガポール」・「クアラルンプール」・「バンコク」をおすすめします。
国際線への国内乗り継ぎ割引を用いて、一度で溜まるFLYONポイントはかなり大きいはず。
50,000FLYONポイントを貯めるためには、この路線は非常に強力です。