JALグローバルクラブ(JGC)取得への戦略。

ANAと同じく、JALにも上級会員制度があります。

JALの上級会員制度は、
JALグローバルクラブ(通称、JGC)です。


JGCになるための条件

JALグローバルクラブ

JALグローバルクラブの会員になるためには、

1.1年間に50,000 FLY ONポイントを獲得する。
2.JALグローバルクラブ JALカードに入会する。

この2つの条件を満たす必要があります。

大体、ANAと同じような条件です。

JALグローバルクラブ JALカードとは?

まず、2の「JALグローバルクラブ JALカード」ですが、
これはクレジットカードのことです。

1の50,000 FLY ONポイントを貯めて、
申込資格を取得したら加入します。

このJALグローバルクラブ JALカードを保有し続ける限り、
半永久的にJALグローバルクラブの会員ステータスが維持されます。

JALグローバルクラブ JALカードは、
様々なクレジットカード会社の提携カードに
申し込むことが可能です。

気になる年会費は、
一番安いものだと8000円程度からですが、
受けられるサービスを考えれば、
かなりお得なものになっています。


1年間に50,000 FLY ONポイント

次に、1の「1年間に50,000 FLY ONポイント」
の条件をみていきましょう。

FLY ONポイントは、
JALグループの飛行機に搭乗すると貯まるポイントです。

マイルとはまた違うポイントで、
JALの上級会員の判定に使用されます。

また、ここでいう1年間とは、
1月~12月までの間を指します。

例えば、東京(羽田)―沖縄(那覇)の往復を、
先得割の割引運賃で購入した場合、
FLY ONポイントは、2952ポイント貯まります。

同じ条件で考えれば、
これを17往復(!)して、
50,000 FLY ONポイントに到達です。

もちろん、FLY ONポイントは、
JALの飛行機に搭乗すれば、
国内・海外を問わず、好きな区間で獲得できます。

しかし、求められる搭乗回数はかなり多いですよね。
これは結構負担になります。

ですから、一回当たりの搭乗で、
多くのFLY ONポイントを稼ぎ、搭乗回数を減らすことが重要です。

航空券代も、何も対策をしないと、
75万円くらいの支出になってしまいます。

対策を講じて、航空券代の費用を抑えることも重要です。

JGCに必要なFLY ONポイント獲得のための戦略

それでは、マイル講座が推奨する
FLY ONポイント獲得の戦略をみていきましょう。

1.国内線ではスーパー先得Jクラス運賃で航空券を購入する。
2.JALマイルをe JALポイントに交換し、航空券の費用を抑える。
3.国内線では、沖縄への路線がおすすめ。
4.国際線では、シンガポールへの路線がおすすめ。
5.国際線乗り継ぎ割引運賃を利用する。
6.JALカードは先に取得しておく。

まとめ

JALグローバルクラブの会員になるためには、
50,000 FLY ONポイントの獲得がネックになるはず。
上記の「FLY ONポイント獲得の戦略」を実践するのが効率もよく近道になると思います。
ぜひお試しください。