SFC修行。国内線では、ANAの株主優待券を活用しよう!

ANAのSFC取得を目指して修行をするなら、
効率よくプレミアムポイントを貯めることが重要です。

SFC修行で国内線に乗る場合、ANAの株主優待券を利用することで、
最も効率よくプレミアムポイントを貯めることができます。

ANAの株主優待券を利用したSFC修行について、
その概要とポイントをまとめてみました。

ANAの株主優待券で、プレミアムポイントのコストを削減

ANAの株主優待券

ANAの株主優待券がなぜ必要になるのか?
それは、プレミアムポイントのコストを大幅に抑制できるからです。

例えば、羽田~沖縄便に乗って、
SFC修行をする場合について見てみましょう。

運賃種別 航空券代 プレミアムポイント(PP) 1プレミアムポイントあたりの代金
普通運賃 ¥46,090 2,368PP 19.5円/PP
往復運賃(片道分) ¥41,490 2,368PP 17.5円/PP
ビジネスきっぷ(片道分) ¥40,990 2,368PP 17.3円/PP
特割 ¥34,690 1,876PP 18.5円/PP
株主優待割引(普通席) ¥23,190 1,876PP 12.4円/PP
プレミアム運賃 ¥52,790 3,352PP 15.7円/PP
プレミアム特割 ¥42,590 2,860PP 14.9円/PP
プレミアム株主優待割引 ¥28,340 2,860PP  9.91円/PP

表からわかるように、
「プレミアムクラスの株主優待割引」の運賃が
圧倒的に1プレミアムポイントあたりの料金が安くなります。

ANAの株主優待券の料金は安い

上記の料金に加えて、ANAの株主優待券の費用がかかりますが、
心配は要りません。
ヤフオクや金券ショップで、2500円程で購入できるからです。
少し前までは高かったのですが、最近はだいぶ値崩れしました。

株主優待券の取得コストを加えても、10.3円/P.Pくらいで、
プレミアム株主優待割引が、圧倒的にコストが安いです。

一般的にANAのSFC修行では、
10円/PPあたりが、かなり資金効率がいい目安です。
この数字は覚えておいてもいいですね。


ANAの株主優待券を保有するのもおすすめ

資金に余裕がある人は、ANAの株式を保有してもいいです。

ANAは1000株単位で売買でき、1単元あたり約30万円ほどです。
1単元保有しておけば、
半年に1枚、年間2枚の株主優待券を獲得できます。
また、配当金も1単元当り4000円もらえます。
もちろん、株価変動リスクはありますが、
年間2枚の株主優待券と4000円の配当金は魅力的です。
資金にさらに余裕があれば、さらに買い増しすれば、
より多くの株主優待券と配当金を貰えます。

まとめ

SFC修行で国内線を利用する際は、ANAの株主優待券を使って、
「プレミアムクラスの株主優待割引」の運賃で乗車しましょう。

もちろん、ANAのプレミアムクラスを満喫できるので、
さらにお得です。